2倍の価格でも売れる理由とは?


こんばんは。

yearlook:代表の年見です。



今回は、ブランディングによる価格の上げ方

についてお伝えします。




■ブランドは価値を何倍にも高められる



結論から言うと

同レベルの機能のモノでも


差別化された付加価値を

付けてブランド構築することでノーブランドより

何倍も価値を高めることができます。




例えば、100円で販売していた商品をブランド力をつけたことで

250円で販売できるようになった場合




100円だった商品はブランドを構築することで

250円に価値が上がったことになります。




このようにブランドを構築すると

他社の価格とは関係なく




自社で価格をコントロールできるようになり

自社で値付けができるんです。




一方でブランドがなければ250円では売れません。



価値が顧客に伝わっていないからです。




同じ機能の他社製品は100円で

その他社との違いが無いので




他社と同じように100円でしか売れないわけです。





1つ具体的な例をあげると

時計は数千円で買えるものもあれば

数百万円もするものもあります。




「時間を確認する」という

機能面だけの価値は同じであっても




自社の強み、独自の付加価値を付けてあげるだけで

何十倍、何百倍にも

することが可能なんですよね。




この本質を知らないがために

様々な会社はブランドを構築できず

価格競争に巻き込まれ




売れ続ける仕組みを構築できず

会社を潰してしまうんですよね。




前々回のマガジンでお伝えした

競合にはない独自の強み・価値を明確にして

その価値を顧客に伝えてあげてくださいね。



この内容は

ブランディング実践「5つの実行手順ガイドブック」でも

触れていますので、ぜひ確認してみて下さいね。



ブランディング実践「5つの実行手順ガイドブック」はこちら



次回のマガジンでは、

Webブランディングzoom説明会についてお伝えします。


「あなたから買いたい!」と思ってもらう

仕組みについてもお伝えするので、

楽しみにしていて下さいね。



 

Webブランディングzoom説明会

多くのご参加ありがとうございます!

詳細はこちら