小さな会社の生き残る道は「ブランド」
その方法とは?

こんばんは!

年見です。

今回は、ブランドについての

概要を簡単に解説し

それを、中小企業や個人事業主などにも

使えるよう実践的な内容をご紹介します。

ブランディングを取り入れたい!

って言っても

どうやってブランドを作っていくのか・・・?

ブランディングでどう売上を上げるのか・・・?

わらないですよね?

僕も最初は意味が全く分かりませんでした。。。

でも大丈夫です。

仕組みの順序さえ知れば十分です。

ブランディングを構築して

集客率・リピート率・顧客単価を

UPさせることができます。

ですのでこれから、

ブランディングを取り入れるための

テクニックを1つ1つご紹介していきますね。





小さな会社の生き残る道

知ってると思いますが今の時代、

市場環境が凄まじいスピードで変化しています。

・ネット社会

・異業種の参入

・グローバルで競争激化

・顧客ニーズの多様化

・AIによるさらなる市場環境の変化

大企業は規模を活かした大量仕入、

AIなどの最新テクノロジーで

新製品を低価格で世に出していますよね。

モノや情報が溢れ、

便利なモノや美味しいものが

安価で簡単に手に入るめちゃくちゃ便利な時代です。

おまけにスマホで

世界中の人と繋がれるので

ますますマンツーマンマーケティングの

重要性が高まってきています。

そのため僕たちのような

小さな会社は

従来通りの集客・販売手法では

生き残れなくなってきているのが現状です。

ですが、そんな時代の中でも

僕たちが大企業に勝てる

生き残れる方法がが1つだけあるんですよね。

それが「ブランディング」です。



「額」ではなく「率」


僕らは大手企業のように大量販売していないため

利益の「額」では稼げないんです。

少ない量しか売れない僕らは

1個1個の利益の「率」で稼がないと

固定費をまかなえず収益は向上しないんですよね。

つまりは単価を上げて

「高利益率」で勝負するしかありません。

小さな会社が生き残るためには

徹底した「差別化」による

自社ブランドを確立することです。

低価格で勝負してくる大企業には

勝ち目はありませんからね。

なので価格ではなく、

自社の価値でお客様に選んでもらえる

仕組みを作るんです。

①顧客に受け入れられる

②他者とは違うものを見つけ発信する

この2つを満たすものが

「価値」であり

この価値こそが「ブランド」なんですよね。

小さな会社の生き残る道は

自社ブランドを確立して

お客様に選んでもらって

しっかりと利益を出す体質にすることなんです。

あなたの会社のブランド力、

つまり徹底した差別化ってありますか?

いきなりブランド力なんですか?って

難しいですよね。


ですが大丈夫です。

ブランド力の確立にはステップがあります。

それをひとつひとつ実行していけば

確実にブランド力を確立させることができます。

ですので次回のマガジンでは

「ブランド力確立の全体像」をお届けします!

今日は以上です。



また、明日の19時に送りますね!