リスト取りはビジネスの最重要課題!資産になるリストを集める方法



WEBから集客しようとしたが思うように集客ができない…

ブログやSNSを毎日更新しているのに売り上げに繋がらない…


そんなお悩みを持った方も多いのではないでしょうか。


諦めなければいつか花開くと思って続けているかも知れませんが、

もしかしたら頑張り方を間違えているかも。



せっかくいい商品を扱っているのに、誰にも見てもらえないのなら、コストも労力もムダになってしまいます。ビジネスを成功させたい人にとって、最も重要視すべきことは「リスト取り」です。


リストを増やす=売り上げが増える。

と言っても過言ではありません。


大企業から個人でビジネスをしている人まで、リストを獲得することに日々奮闘しています。これからネットビジネスをはじめようとしている方、リスト取りが思うように行かないという方。この記事を読んで効率的なリスト取りの方法をマスターしましょう!

ビジネスを成功させたいなら、とにかくリストを増やすべき

まずはじめにリストとは、「顧客リスト」のことです。

顧客リストには主にメールアドレス、名前、住所、LINEアカウントなどが含まれています。


なぜリストを集めるかというと、リストがあることによって顧客に直接自分から連絡を取れるようになるからです。このリストへの理解を深めて集める方法を知ることで、ネットビジネスを展開するのに非常に有利となるのです。


しっかりと知識やノウハウを身につけて、リスト取りをものにしていきましょう。



リストマーケティングの大まかな流れ

リストマーケティングは、基本的に「集客⇨教育⇨セールス」の3つの流れで進めていきます。はじめに各手順を詳しく解説していきましょう。



集客

自分の商品やサービスを購入してもらう為には、多くの人に知ってもらい、商品の良さを伝えるアピールが必要です。その為に広告、SEO、SNSなどのツールを用いて「リスト」を集めていきます。


企業が相手のビジネスであれば、企業HPから電話番号を入手したり、名刺管理サービスからメールアドレスを収集する手段もあります。



教育

リストが集まったら、いきなり商品やサービスを売り込む前に、メルマガなどでコンテンツを提供してリストを教育します。商品・サービスについて知ったばかりの顧客は、購買に至るまでの距離が遠いので、すぐに売り込もうと思っても成果は出にくいからです。


提供している商品・サービスの値段が高い、もしくはあまり市場に出回っていない新規性の強い商品だとすると、この教育の期間はより丁寧に行っていく必要があります。



セールス

教育が十分に進んだリストには、実際に商品・サービスの売り込みをしましょう。

商品のジャンルや価格によっては、オンラインで完結させれるもの、商談やセミナーを設けて対面販売のチャンスを作るなどの方法があります。


商品やサービスのジャンルや価格に応じて、適切な販売手段をとっていくことが大切です。

その後は、購入してくれたリスト・購入に至らなかったリストに関わらずアプローチをかけ続けます。


リストによって購入を決めるタイミングはそれぞれなので、購買のチャンスを常に作り続けることが成果を伸ばす秘訣です。



最も「リスト取り」に力を入れるべき理由

大まかな流れをご覧いただいて、まずリストが無ければその後の工程は何もできないことがよくわかりますね。いくらよい商品・サービスがあっても、それをセールスする相手がいなければムダになってしまいます。


リストがない状態では、自分の商品は顧客がアクションを起こしてくれない限り見てはもらえません。人はたとえばネット上で見かけて少し気になった商品があったとしても、名の知れた商品でない限り、そのページにまた戻ってくることは極めて稀です。


リストを活用することによって、効率的に人々の心理を「気になる」から「購入したい」という方向へ持っていくことが可能になるのです。



リストを活用したマーケティングのメリット・デメリット

リストを活用することでどんなメリット・デメリットがあるのか、両方の側面から見てみましょう。



メリット:こちらから顧客にアプローチができる

リスト取りをする目的は、こちらから定期的に顧客へアプローチをして信頼関係を築き、商品やサービスを紹介することです。メルマガ配信や、最近ではLINEなどを利用し、見込み客に対してセールスを行うのが主流となっています。


登録をした人だけがコンテンツを見られることから、より自分の商品やサービスに興味を持っている人に限定してアプローチできるメリットがあります。


せっかく興味を持ってくれた顧客に、自分からアクションを起こせるのと、また戻ってきてくれるのを待っているとでは、大きな差が生まれることは一目瞭然ですよね。


SNSやブログ、YouTube等で直接セールスしたらよいのでは?と思う方もいるかも知れませんが、こちらも顧客からのアクセスがないと見てもらえません。


また信頼関係がない状態でも見られるので、セールス色を強く感じてしまいがちです。メルマガなどに流す前のエンタメとして不特定多数の集客をするのにオススメです。



見込み客の購買意欲を刺激しやすい

接触頻度が増えることによって、その物や人に対して信頼を寄せるようになるという消費者心理があります。


当然ですが、よく知らない商品をすぐに購入をしたいと思うことは少ないですよね。


リストを取っていれば見込み客に対して定期的にメールなどで情報提供をし、自分の商品やサービスとの接触頻度を増やすことが可能になるので、結果的に売り上げアップさせることを可能にするのです。



リピーター獲得に繋げやすい

ビジネスの多くは、開業してから1〜2年間に集まった新規客をリピーター化できなく、3年目あたりから顧客数が大幅に減少してしまう傾向にあります。


そうならない為に、新規の集客がしやすい1〜2年の間に見込み客のリストをできるだけ多く獲得しておくことが重要です。

リスト取りをしていれば、いつでもこちらから連絡を取れる顧客がいる状態になります。定期的にキャンペーンやセールスをかけれるので、徐々にリピーターを増やせるようになるのです。



まとめ

いかがだったでしょか?


リストを集める重要性、可能性がこの記事を通して分かったのではないでしょうか。

もっと詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください!

▼▼▼

詳しく見る



限定募集

もし僕らが自動で売上が上がる仕組みを作ってあげると

あなたに提案したら・・・


しかもそれを・・・

・1ヶ月以内という超スピードで

・あなたは何も構築する必要がなく

・しかも働く時間を減らして収入を増やせるのであれば

この提案を受け取ってくれますか?

詳しくはこちら