マーケティング発想の事業が辿る結末


おはようございます

年見です!



前回はマーケティングとは何か?

具体的に何をするのか?


について話していきました。


今回はブランドマーケティングに焦点を当てて

話していきたいと思います!




前回も言ったように

マーケティング活動の最大の目的が

「売上を上げること」に対し


ブランドマーケティングは

「ブランドを確立していくこと」

を目指していきます。



ここが従来の

マーケティングとの決定的な違いです。




つまり、マーケティングは

「売上目標」を最優先に目指しますが、


ブランドマーケティングは

「ブランドの確立」

最優先事項にするということです。




どちらの手法を使っても、

売上を上げることはできますが、


その結果として、

出来上がる事業の質は大きく変わります。



例えば、マーケティング起点に

生み出された事業というのは


・年商○○億円

・社員数○○名

・上場させる

・バイアウトする


ことを目的に立ち上がります。



つまり売上が上がれば何でもいい

というスタンスですね。




例えば、

今、世の中は、コロナウイルスが蔓延し、

おうち時間が増えて、

デリバリー業界の売上が伸びている。


そして、特に、牛丼の売上が突出して伸びているから、 今、市場に出ている商品価値以上の牛丼を開発すれば、

爆発的に売上が上がるんじゃないか?

という感じですね。


そして、まずは、日本の市場にある、

競合他社となる牛丼屋を分析し、

・コンセプト

・ターゲット

・特徴

・選ばれる理由

・メニュー

・サービス

・価格

などを把握していきます。

そこから

体にも優しい素材や作り方にもこだわった

少し高級な牛丼が求められている

ということがわかったとします。



もし、市場で、そういうポジションが空白で、

ニーズもあるのであれば、

そういう牛丼を開発すれば、売れるとは思います。



後は、宣伝広告・広報活動を通じて、

認知度が拡大していけば、

どんどん注文は入っていくと思います。



ですが、マーケティングを起点に始めた

事業の末路は大体決まっています。



まず、その市場で売れるポジションが

新たに見つかったのであれば、

まず、競合他社は黙っていませんよね。


同じようなマーケティングを

軸に考える競合他社は、常に業界の中で

売れている商品・サービスの動向をチェックしているので、

そのポジションに近い、類似の牛丼が市場に溢れていきます。



そして、結果として、ポジションの奪い合いとなり、

その市場はレッドオーシャン化して、

売上はどんどん下がっていきます。




ここから重要になるのは、

競合他社が真似できないような

価値をそのブランド全体として形成していくことが

大事なんですが、


マーケティングを重視する企業は、

これができないんですよね。




というのも、その経営者にあるのは

「売上目標」に対する執着だけで、

「牛丼」に対する情熱も、

理想も、ポリシーもないからです。




せいぜいできることは、同じ業界で流行っている

商品・サービスの猿真似か、

違う業界で流行っている商品・サービスの猿真似です。



だから、その業界の中で

「このブランドは他のブランドとは圧倒的に違う」

と思わせるような

商品は生み出せないのです。



そして、基本的には

「売上」だけを主軸に考えているので、

・売上が上がりそう

・市場規模がありそう

と思ったところには、

積極的に参入しようとします。



例えば、市場規模というところで言えば、

牛丼チェーンの最大手と同じような

「安くて、早い」

ことをウリにした牛丼屋も

全国に展開していくかもしれません。



でも、結局のところポジションが被っているので、

泥沼の価格競争になっていくのは目に見えてますよね。



また、これまで提供してきた牛丼のコンセプトとは違うので、

これまで固定ファンとしてついていた顧客も離れていくかもしれません。




ブランドとしての一貫したポリシーがなければ、

固定ファンはつかず、

結果として、事業は傾いていきます。

そして事業はどん詰まりになり、売上は下がり、

事業に対するモチベーションも下がって、

最終的には潰れてしまうというのが、

多かれ少なかれ辿る末路です。




どんな業種業界であれ、9割以上の企業は、

このマーケティング戦略を主軸に事業をしていると思います。



どうでしたか?


結構、衝撃的なことを

話していきましたがこれが現実なんですよね。



だからこそブランドの確立は

ものすごく大事なんですよね。



明日はそんな「ブランドマーケティング」の

実行手順をわかりやすく3ステップにして

話していきます。


ここからがとても面白い話ですよ!


では、明日の7時にまた

ご連絡しますね!