ブランドのファンを作るコミュニケーション設計



「他じゃなくてあなたから買いたい!」と思ってもらえたらどれだけ幸せな経営ができるでしょうか?


「価格競争に巻き込まれない」

「競合より高単価で販売できる」

「リピートしやすくなる」


様々なメリットがあります。


では、どのようにして

「あなたから買いたい」と思ってもらえるのでしょうか?


結論から言うとコミニュケーションです。


顧客とのコミニュケーション、信頼関係の差が結果として「あなたから買いたい」に繋がりファンになってくれます。


ということで今回は、

ブランドのファンを作るコミュニケーション設計について解説していきたいと思います。


このステップが一番需要でかつブランド戦略の核になるところです。

ぜひ最後まで見てみてくださいね!


===========================

今だけブランディングの仕組み化を可能にした

《ブランディング実践ガイドブック》

LINE追加で無料プレゼント


【中身はこんな感じ】

第1章:ブランディングは必須項目

第2章:ブランディングによる売上UP法

第3章:ブランドの作り方

第4章:ブランディングのやり方

第5章:ブランディングの仕込み化

▼▼▼

https://bit.ly/38uCqbC

===========================

どこも一緒じゃん・・・

業界が成熟化し、レッドオーシャン化すればするほど、商品・サービスの品質だけでは差別化しにくくなるというタイミングが必ずやってきます。

美容院なんかは特にそうですね。

もはやどこの美容院で施術を受けたとしても、ベースとなる技術力がどこも高いので、クレームが出るような仕上がりにはなりません。


そうなってしまえば、消費者感覚としては「どこで切っても一緒じゃん」という認識となり、価格競争に拍車がかかるようになります。


だからこそ、重要になるのは


・見込み客

・既存顧客


といかに関係性を縮めるかということです。


「関係性の近さ」というのは大きな選ばれる理由となります。



関係性の近さ

例えば、どちらの店に行っても商品・サービスの質や価格に大差がないなら、人は全く知らないオーナーがやっているお店よりも、親友がやっている店に足を運びます。

関係性の近さは、背景情報をどれだけ共有されて、それに対して共感されているのかによって決まります。

まず、見込み客と関係性を縮めるために重要なのは、

・ブログ

・SNS

などで、いかに情報発信をしているのかが重要になります。

ブランドの背景情報の共有は、コンテンツを通じて以外行われません。


ただ単にメニュー情報しか載っていないホットペッパービューティーしかないお店と、ホットペッパービューティだけでなく、Youtubeも発信していて、オーナーの人柄やお店に対する想いなどがわかるお店では、圧倒的に集客力は変わります。


また、より深い関係性を構築していくのであれば、ブログやSNSの発信から、LINEやメルマガに登録してもらって、そこからステップメールを購読してもらうことも非常に有効です。

ステップメールとは

ステップメールとは予め、登録したシナリオに基づいて、順次配信されていくメッセージシステムのことです。

このステップメールのコンテンツの中で

・どういう特徴を持つブランドなのか?

・どういうストーリーを持っているのか

・誰がこのブランドを立ち上げたのか?

・これまでどういうお客さんがいたのか?

などの背景情報を共有することが重要です。


そうすれば、LINEやメールマガジンに登録すれば、自動的に、ブランドのファンが育って、そのまま購入・来店・問い合わせに繋がるという流れを作ることができます。


これが見込み客に対する関係性の近づけ方です。


また、既存顧客に対しても、関係性というのは深めていく必要があります。


既存顧客との関係性が近づけば近づくほど、情報収集や比較検討をされなくなり、リピートや口コミに繋がるようになります。


なので、既存顧客とも、既存顧客専用のコミュニケーション設計をすることが非常に重要になります。


既存顧客専用のコミュニケーション設計は


・LINE or メルマガ


などが、簡単に取り組めると思います。


LINEやメルマガは、ステップメールや定期配信を通じて、関係性をより深めて、既存顧客専用の限定オファーなどを通じて、リピートなどを獲得することができます。


配信の内容は、全てが文章や動画ではなく、

実際にリアルで開催するイベントなどがあるととても良いと思います。


リアルでイベントを開催すると、ブランドとの関係性が縮まるだけでなく、既存顧客同士で関係性が深まったりするので、より深く、そのお店に通い続ける動機付けを作れるようになっていきます。


いかがでしたか?


ぜひ顧客とのコミニケーションを深めあなただけの価値を顧客に伝えてあげてくださいね!



===========================

今だけブランディングの仕組み化を可能にした

《ブランディング実践ガイドブック》

LINE追加で無料プレゼント


【中身はこんな感じ】

第1章:ブランディングは必須項目

第2章:ブランディングによる売上UP法

第3章:ブランドの作り方

第4章:ブランディングのやり方

第5章:ブランディングの仕込み化

▼▼▼

https://bit.ly/38uCqbC

===========================